菓子器:アヤメ
たくさんの種類の木地を買い込んでしまいました。
その中の一つ、分銅型を使って大好きな花アヤメを彫ってみました。

蓋の部分は、スイスイ彫れて楽しかったのですが、
側面がたいへんで・・・
側面はあまり彫る人がいないためか、木の硬い部分が使われるそうです。
本当に苦労しました

花びらはヒラヒラと柔らかい雰囲気に、葉はすっきりと見せるように彫ってみました。
背景は、一応、水を表現したのですが・・・
塗りあがってくると、また表情が変わっています。彫った部分に漆がはいるとどのようになるのか
想像することも大切だと大いに学びました。

教室:鎌陽洞